2006.01.29

橋本治『上司は思いつきでものを言う』

読み始めたばかりなので,これからどういう展開になっていくのか
分かりませんが,目次を見るとなかなか刺激的な文が並んでいて
読み進めるのが楽しみです(ちょっと怖くもある).

肝腎なことは,「上司は思いつきでものを言う」です.(略)でも,それは表沙汰になりません.その
事実は,ウサ晴らしのヤケ酒の中に解消されてしまうからです.だから,日本の社会は因循姑息な停滞の中で,無駄なぐるぐる回りを続けるのです.
だとしたら,この私のすることは,まず「上司は思いつきでものを言う」という重大な一行を表沙汰にして,世にひそやかなるショックを与えることではなかろうかと,思いました.(P11)
上の文,四行目は“日本の会社”と言い換えていいかもしれません.
最近,朝令暮改ならぬ朝令朝改という言葉を見かけましたが,半分はそんな傾向ありありの我が身を戒めるために..

そういえば今日2006年1月29日は春節でした.

| | Comments (66) | TrackBack (3)

2006.01.14

亀倉雄策 1915-1997 日本デザイン界を牽引したパイオニア

巡回先で発見.

ギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg)にて.1月31日(火)まで.
急いで行かないと>自分.

| | Comments (105) | TrackBack (0)

2005.08.28

中島義道『カイン』

4101467250 一人でいる時間も必要

正しいことに対する怒りをこれだけ抑え込んでしまえば,人々は怒れなくなるのだ.怒り全般に対し感度が無限に薄くなり,怒ることができなくなるのである.」

「きみが生きるためには自分も他人も責めつづけるしかない.だが,どこまでも正確に綿密に責めよう.」

「「人間」という獣」

まだ半分くらいしか読んでませんが..今日は仕事に向かう以外で割と長い間電車に乗っていたので,結構読み進められました.

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2005.05.05

本日のナイスコピー:05/5/5

「女性のための司馬遼太郎入門」(P52)

r20050502

買っただけで満足してしまって中身はまだ読んでません…

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.03.05

「山川異域 風月同天」(唐招提寺展)

いよいよ明日で終了です.明日また書き足します(本当か?(^^;)
今更ですが,今日は24節気の一,啓蟄(けいちつ)でした.

| | Comments (678) | TrackBack (0)

2004.11.13

池袋ジュンク堂のパネル展

以前の記事で「波照間」についてちょっと触れましたが,昨日池袋のジュンク堂に行ったら,4階で「波照間島 祭祀の空間」写真展というのをやっていました.著者のコルネリウス・アウエハントは柳田国男やレヴィ・ストロースの弟子とのこと.

その隣では「こんな夜更けにバナナかよ」の記念パネル展.「札幌市内で在宅自立生活を送る筋ジス患者・鹿野靖明さんと、24時間体制で支える介助ボランティアとの交流や葛藤を描いたノンフィクション。」

池袋の本屋といえば,芳林堂が閉店してるのを見て知合いが衝撃を受けてました.文化は経済効率だけで語れないと思うのだが…

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2004.11.07

スピッツが考える楽天のチーム名

昨日のSUPER LINE 'J',ゲストはスピッツでした.野球好きのスピッツが考えた楽天のチーム名は(伊達政宗っぽく)楽天サムライズと楽天ティラノサウルス(?_?)

前者の場合,背番号は漢字だそうです(^^; 草野さんはOTライブでスネオヘアーに会ったとのこと.ちなみに私がカラオケで歌うスピッツナンバーは「スパイダー」です(下手の横好きってやつです).

以前このブログでも紹介した「ボールパークへようこそ」(高田靖彦).ここに出てくる仙台ファルコンズも鳥類でしたね(^^;
024628640000.jpg

いま、会いにゆきます」はちょうど連載が終わったみたいです.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.11.06

ダバディ氏からのメッセージ

先月中旬の記事のようです.

ココログブックス出版記念パーティーでダバディ氏がブログを熱く語る(Broadband Watch)

また、「これからブログを始める人へのアドバイスを下さい」という質問にダバディ氏は「誰でも自分を表現したいという思いはある。そんなものはないと自分で判断せず、自分が投げた言葉が誰にどう届くのか見守る気持ちでブログを始めてほしい」とアドバイスを寄せた。また、ブログの楽しみ方について「ブログで情報を発信することは、ボトルメールを海に流すようなもの。自分のメッセージをブログというボトルに入れて、インターネットの海に流す。誰が拾うかわからないところに、ブログも同じ魅力がある」「自分の情報を押しつけるのではなく、シンプルに、やさしくさりげない表現で人に刺激を与える楽しみ方ができるといい」とコメントした。

B000002GDJ.01.MZZZZZZZ

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2004.11.03

トータス松本と意外な(!?)取り合わせ

ここ何回かトータス松本のOH! MY RADIOを聞いています.昨日の
オープニングはT. Rexの「20th Century Boy

で何かと思ったら,「20世紀少年」の新刊の話でした.意外~

その後どういうわけか「一年戦争」「オリジン(コレか?)」等の言葉,安彦良和氏の名前も聞こえてきました.ガンダム見るんだ~.

それだけじゃなく,「ヒミズ」(ラフォーレ原宿の芝居は見そびれました>_<)や「シガテラ」も.

トータス氏(トタ松さん?),意外とマンガを読むようです(^^;

11月3日はニューシングル「バカサバイバー」の発売日ということで,メンバーも全員揃ってました.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.11.02

チェブラーシュカとなかまたち

チェブラーシュカとなかまたち』(新読書社)

F1000041.JPG

F1000042.JPG
左にいるのがゲーナかな?

買ったのは確かユーロスペース.こども(私のじゃないですよ(^^;)にあげようとしたら,あっさりいらないと言われてしまいました_| ̄|○まあ,そんなもんです(^^;

まつゆうさんのブログでチェブラーシュカの携帯ケースを紹介していたのに触発されて.

「チェブラーシュカがやってきたまちには,ゲーナという名のわにが
住みついていました.毎朝ゲーナは小さな自分のへやで目をさますと,かおをあらい,朝ごはんをたべ,それから動物園へとはたらきにでかけました.そして動物園で,わにとしてはたらくのでした.」(P9)

| | Comments (53) | TrackBack (0)