2005.02.04

新潟のチューリップ(表参道)

「TU!LIP,KISS ~いつか春の日Ⅴ~」というイベントが表参道・新潟館ネスパスで行われています.2月6日(日)まで.入館無料です.

新潟県は,「日本のチューリップ栽培発祥の地であり、現在でもチューリップ切り花、球根ともに出荷量が全国トップクラス」だそうです.假屋崎省吾さんの空間展も開催されるとのこと.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.01.04

中越地震ミュージック・ベネフィット(再)

HEAL NIIGATAに関する以前の記事にTBを頂いたので再掲します.6日からスタート.チケットはまだあるのかな?

地震関連のニュースをもう一つ.MyClipにも張ってあります.


地震の外国人向け番組終了 FMながおか4カ国語放送(共同通信)

 新潟県中越地震で被災した外国人向けに中国語など4カ国語で情報を提供してきた「FMながおか」の番組が30日、終了した。
 番組は11月1日にスタートし、毎日午後4時から5時まで中国語、ポルトガル語、英語と平易な日本語で放送を続けてきた。
 内容は地震の説明から交通情報、外国人でも避難所に入れることなど多岐にわたった。原稿は協力関係にある神戸市の「FMわぃわぃ」や横浜市国際交流協会などへメールで送り翻訳してもらったという。リスナーからは「母国語が聞けてうれしかった」などの反響があった。
 長岡市には52カ国、約2000人の外国人が居住。担当者は「外国人の皆さんに『自分たちは見捨てられていない』という安心感を与えられたと思う」と話している。

詳しいことは分かりませんが,なるべく継続した方がいいような気がします.民間と行政で協力して別の形でも‥(既に取り組んでいたらすみません)
新潟県国際交流協会経由で多文化共生センター等に行けました.

■関連記事
FMわぃわぃの取組み(新潟県中越地震ほか)
新潟県中越地震について(11月1日)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.12.24

心のくつした便(新潟県中越地震関連)

24日って‥,気づいたらもうクリスマスイヴ!
まちの駅どっと混むで,メッセージと,ささやかなプレゼ ントを靴下に入れて送るという「心のくつした便」という企画がありました.募集は昨日で終了しましたが紹介だけ.
今日は,サンタが,被災地の方たちにプレゼント入り靴下を手渡す
セレモニーがあるそうです(サンタも募集していたようです).
kutsushita

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2004.12.08

映画「鯉のいる村」(新潟県中越地震関連)

ニフティで行われていた壁紙などのチャリティー販売は先月末で終了しましたが,その集計結果が新潟県中越地震チャリティー公式Blogで報告されていました.メールでも「お礼と報告」が来ていました.

被災者支援の上映会全国に 中越が舞台「鯉のいる村」

 新潟県中越地震で大きな被害を受けた小千谷市塩谷地区と、山古志村を舞台に1971年に撮影された映画「鯉のいる村」(神山征二郎監督)を上映し、収益を義援金として寄付するチャリティー上映の動きが全国に広がっている。

 同作品はニシキゴイの養殖が盛んな土地に住む少年が、都会から来た少女とコイを見守りながら成長していく物語で、神山監督のデビュー作。神山監督は「撮影でほぼ1年間、何度も通ってお世話になり、古里のように思っていた土地が大災害に遭い、ショックを受けました。映画には昔の村の四季折々の姿が写っています。時間をかけて皆で応援して、復興してほしい」と話す。

 12月下旬に広島市、北海道旭川市、札幌市、1―2月には水戸、秋田、千葉県市川、埼玉県上福岡の各市でチャリティー上映が決まり、ほかにも関東や関西で開催が検討されている。(共同通信)

昨日ラジオで流れていたニュースです.昨日7日は24節気の一つ,大雪(だいせつ)でした.本格的に雪が降り始める頃とのことです.
新潟ではまだ降っていないようですが・・

ちなみに◆三昧生活◆さんによると,
 ■神山征二郎監督(最近作は『草の乱』)のデビュー作
 ■主演の少年は現地オーディションで選ばれた、
   当時、東小千谷小学校5年生
 ■助演の少女は、現在声優で、サザエさんの3代目?カツオ君
   の冨永みーなさん(当時5歳)
とのこと.何となく『萌の朱雀』のような作品かと想像しました.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.11.10

いたばしボローニャ子ども絵本館

J-WAVE BOOM TOWNのSOMETHING ANYTHINGというコーナーでいたばしボローニャ子ども絵本館を紹介していました.

北イタリアにあるボローニャ市で毎年春に行われている「ボローニャ国際児童図書展」には、世界中の出版社から新しく発刊された絵本が集まり、その名は出版関係者や絵本愛好家などに広く知られています。
 この図書展の絵本を、板橋区はボローニャ市から1993年から毎年寄贈していただいてきました。
 このたび、今までに寄贈された世界80か国およそ2万冊の絵本 をいつでも見られる施設として、「いたばしボローニャ子ども絵本館」が9月15日にオープンしました。
(略)またこの絵本館は、再利用品や職員作成による備品を活用したリサイクル型の施設であることも特徴のひとつです。

絵本館のあるいたばしボランティア・NPOホールは,統廃合のため
廃校となった学校を再利用しているとのこと.イデーが関わっている世田谷ものづくり学校を思い出しました.

クリ智さんは,すっかり午前の顔として定着しましたね(^^)

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2004.10.23

「おわら風の盆 in 向島」

墨田区向島の見番(けんばん)通りで「おわら風の盆 in 向島」というイベントがあります.本日16時半~20時.東京新聞の記事から.

花街の風情を残す墨田区向島の見番通りで23日、初のイベント「おわら風の盆in向島」が開かれる。「おわら風の盆」は富山県八尾町に江戸時代から伝わる民謡踊りで、75年前、向島の師匠が、踊りの手直しをした経緯がある。向島花柳界の活性化の一助にと、向島墨堤組合や地元町会らで実行委員会を結成し、開催の運びとなった。当日は、首都圏の愛好家らを招き、芸者衆らも見守る中、幻想的な踊りが披露される。

(略)

向島と「おわら」の縁は1929年、東京の百貨店で開かれた富山県の物産展で結ばれた。アトラクションとして選ばれた「おわら風の盆」を、都会の人にも魅力が伝わるように、より洗練された踊りへの手直しを依頼されたのが、向島の踊りの師匠、初代若柳吉三郎だった。

お近くの方はお出かけになってはいかがでしょうか.先月のOAZOのは行きそびれました(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.06.12

山王まつり

6月10日(木)から16日(水)まで.今日は雨が降らなくて良かった^^;)

あちこちで法被姿の人を見かけました.みんな祭りが好きなんだな~と思ったのと,ビルばっかりで人が住んでるの?と思うような所でも意外に下町の情緒が残ってるな,ということを強く感じた一日でした.
最近の世相を思うと,子供たちの姿が少し眩しく映りました.

山王まつりのサイトより
◆「江戸三大祭りの筆頭として、さらに京都の祇園・大阪の天満まつりと共に、日本三大祭りに数えられて」いるそうです
◆日枝(ひえ)神社例祭は15日(火)の午前11時からですが,これは「神社三大祭の中にあって最も重要な祭儀です。太田道灌公が川越の山王宮を江戸城の守護神として再勧請・鎮祭されたのが文明十年(1478)のこの日」なんだそうです

■参照記事
万之丞(耕介)亡き後の芸能指導(つねのとおり)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.05.16

「行きまいよ 投票へ」参院選の標語決定(四国新聞)

香川県の話題から.夏の参院選に向けて,「行きまいよ 投票へ! 行ったんな 投票に!」という標語を決定した,というニュース.
讃岐弁だそうです(讃岐弁のことを初めて知りました^^;).
記事では色々な取り組みを紹介していて,それはそれでもちろん
必要で大事なことなのですが,自分の実感として,それがどれだけ効果があるものなのか,という感想を持ちました.
(たまたま取り上げたのがこのニュースだったってことだけで,この
取り組み自体は評価できるものだと思いますw;)

先の記事で取り上げたインドのように,いろいろ課題はあっても電子投票を取り入れるなどした方が,費用対効果の面からいっても,投票率アップの面からも有益ではないかと思います(導入すれば投票率が上がるという保障が必ずしもあるわけでもありませんが‥).

安易な考えは慎むべきですが,そんなことを思ったニュースでした.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.05.03

JR東海の

「そうだ京都,行こう」キャンペーンについてのニュース.
「そうだ京都」が12年、今やドル箱 JR東海 イメージ型から
“深化”へ
」 (京都新聞)

もう12年も経つんですね.このコピーもすっかり耳になじんでいるし,CMも好印象.

そういえば「悪徳不動産屋の独り言」のpoohpapaさんも京都に
行かれたようで,「京都だより」を書かれています.

| | Comments (0) | TrackBack (0)